センター概要

ごあいさつ

安定したマテリアルフローによる合理的な資源循環とサプライチェーンの確立を目指して

 東北大学「レアメタル・グリーンイノベーション研究開発センター」は、経済産業省 平成22年度先端技術実証・評価設備整備費等補助金(技術の橋渡し拠点整備事業)の支援を受け、平成26年1月に設置されました。近年においては、カーボンニュートラルの達成や、有限かつ貴重な資源の更なる有効活用技術に関するニーズが世界中で急速に高まりつつありますが、本センターも、我が国の産業競争力の強化と国際的研究開発拠点としての活動に資することを目的としています。
この目的を達成するために、本センターでは、レアメタルに係る安定したマテリアルフローをコアとした合理的な資源循環とサプライチェーンの確立を目指して、①レアメタル一次資源の確保、②レアメタルの使用量低減・代替材料開発、③レアメタル問題対応クリーンエネルギー関連デバイス・システムの開発、④未回収レアメタルの再生の4部門からなる戦略的研究開発を産官学共同で実施しています。今後、各部門がさまざまな形で国内外との連携を強めて本センターがさらに活用されていくことを願うとともに、これらの活動を通じて、将来、世界をリードする人材の育成にも貢献していきたいと考えています。

センター長 久田 真

組織

センターの役割

レアメタル・グリーンイノベーション研究開発センター(RaMGI)は「社会にインパクトのある研究」の資源確保と依存度低減に向けた技術開発を行い、RaMGIが中心となって循環型サプライチェーンの構築を目指します。得られた知見を他の資源にも展開し、持続可能な資源循環型社会の実現に貢献します。

東北大学
レアメタル・グリーンイノベーション
研究開発センター支援室

〒980-0845 
仙台市青葉区荒巻字青葉468-1

E-mail : raremetal[at]grp.tohoku.ac.jp

([at]を@に変換してお送りください)

TEL : 022-752-2000
(内線 96-2002)

FAX : 022-752-2001
(事務室)

入居のご案内 コンソーシアム会員募集
Copyright © Tohoku University
トップへ戻るボタン